企業・事業主の方ヘ

出生率の減少による少子化や平均寿命の延伸により、労働力不足が企業にとって大きな課題となっている中で、働く意欲のあるシニアを雇用していくことは重要な取り組みのひとつです。

厚生労働省の調査によると、過去1年(平成29年6月1日から平成30年5月)の定年到達者約33.8万人のうち、継続雇用を希望し実際雇用された人は全体の84.4%となっており、そのほとんどが働けるうちは働きたいと答えています。
(出典:厚生労働省「令和元年「高年齢者の雇用状況」集計結果」より)

シニアには、これまでの職業生活で培われた知識・技術・経験などがあります。これらの強みを活かしながら働いてもらうことができれば、企業にとっても大きな戦力となります。
企業はシニア雇用のメリットを知り、シニアが持つ能力を活かせる職場環境を整え、積極的に取り組んでいきましょう。

セミナー情報

詳しくはこちら

各種助成金・支援制度

詳しくはこちら

シニア人材活用
スタートブック

詳しくはこちら

シニアの方々の豊富な知識や経験、技術を生かしませんか?

就労意欲のあるシニアの皆さまや、活躍の場を提供したい企業を応援します。
高年齢者雇用の必要性やメリット
好事例、各種支援制度等シニア人材活用のメリット

上に戻る